フリーランスであることの結婚への影響

IT業界でフリーランスとして働いていると、結婚をする際には少し心配な目で見られることもあります。
IT業界は現在のトレンドであることから仕事は比較的多く、その獲得競争も熾烈であるとはいっても、仕事が全くなくなることはないだろうと考えたいものです。

しかし、実際に結婚するかどうかということになると、職を失って仕事がなくなるという事態が発生した場合に、相手にも大きな影響を与えてしまうことになりかねません。
相手が仕事を辞めるということを考えている場合には、かなり気を払わなければならない点です。
互いに仕事がないということは、収入が完全に途絶えることになってしまうからです。

一方、共働きを続けるという点ではメリットがあります。
フリーランスであれば、契約先との打ち合わせや契約獲得のための奔走している時を除けば、基本的には在宅で仕事をすることができるため、家事や子育てを行いながら仕事をすることが比較的容易なのです。
特に、IT関係の仕事はパソコンさえあればできる仕事が多く、取引や連絡もメールなどインターネットを介して行うのが一般的になっていることから、外出の必要の頻度も少ない傾向にあります。

したがって、共働きを続けて生活していきたいという場合にはフリーランスで働く側も、その人と結婚する側も大きなメリットを享受できるのです。
こういう理解のもとに相手を選ぶことができれば、後々まで円満な関係で家庭を築いていくことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です